不妊症の治療

当クリニックでは、ご夫婦の年齢、不妊原因、今まで受けた治療、不妊期間などを総合的に判断し、治療方針を決めていきます。女性の年齢が若く、明らかな不妊原因がなければ、肉体的、経済的に負担の少ない方法から始めていきます(ステップアップ法:タイミング法→人工授精→体外受精)。
しかし女性の年齢が高く(30歳代後半以降)、卵巣機能低下、卵子数の減少が疑われる場合には、ステップアップ法による時間的なロスが問題となりますので、妊娠率のより高い治療を考慮します。
誰でも自然に近い方法での妊娠を望んでいることは間違いないと思いますが、自然にこだわりすぎて同じ治療を長く繰り返すことにより妊娠のチャンスを逃すことのないよう、速やかなステップアップをおすすめします。

タイミング法

経腟超音波検査による卵胞径や子宮内膜厚の計測、尿中LH検査、子宮頚管粘液の状態の観察などにより排卵日を推測し、タイミング指導をいたします。
タイミング指導はあくまで排卵日を予測しているのにすぎないので、不妊症でない人が自然よりも少し早く妊娠できる方法です。不妊期間がまだ短く不妊かどうかわからない方などに向いています。

人工授精(AIH)

排卵日に合わせて、ご主人に精液を採取していただき、精液を調整して良好な運動精子を選別し、細いチューブを用いて子宮内に注入する方法です。
精液検査で軽度の異常がある、フーナーテストが不良である、性交障害があるなどの場合に適応となります。
子宮に精子を入れるところまでが「人工的」で、そのあとは自然妊娠と同じです。

当クリニックでは良好運動精子をできるだけ多く回収するために、専用の精子調整液を使用して遠心分離、洗浄濃縮後に人工授精を行っています。
人工授精では通常、痛みを感じることはほとんどなく、実施後はわずかな時間の安静で帰宅できます。出血が少量ある場合もありますが、まず心配いりません。
人工授精の妊娠率は女性の年齢や精子の状態により大きく異なります。しかし、人工授精で妊娠した方の9割以上が人工授精5~6回までに妊娠をされています。3~6回を実施回数の目安とし、とくに女性の年齢が高い場合は、回数にこだわらず早めにステップアップを検討する必要があります。
当クリニックでは、精液の取り違え防止のため、同一時間に精液の持ち込みが重ならないよう、時間を指定させていただいております。

体外受精など高度生殖医療(ART)

人工授精でもなかなか妊娠できない場合や、卵管が両方つまっている場合、重症の男性因子の場合は、体外受精や顕微授精などの高度生殖医療とよばれる治療が必要となってきます。
詳しくは体外受精など高度生殖医療(ART)のページをご覧ください。
レディースクリニックぬまのはた・モバイルサイト